ペダリング負荷によるフレーム疲労

この動画はぺダリング負荷によるフレームの疲労試験です。1100ニュートンの力でぺダルを100,000回漕ぐ試験でISO4210の適合性を検証します。

フレーム落下および錘落下試験

シティ及びトレッキングタイプ自転車フレームの落下衝撃試験です。参照規格はISO4210のフレームとフォークアセンブリの耐落下衝撃性を検証します。22.5キロの錘を180ミリメートルの高さからモノレール落下塔にて衝撃を加え、影響を検証します。

フォークの曲がり疲労試験

620ニュートン上向き及び下向きの力は、車輪の面にアルミニウムレース自転車フォークに適用されます。フォークステアリングチューブは、それが実際の自転車のフレームに装着されるように固定保持されています。100,000回実行した後、フォークは、割れや破砕のいずれかの破損を示してはなりません

フレームの水平疲労試験

この動画では、フレームの前後方向に負荷を掛け、その疲労度を確認しています。レース用自転車の規格適合は、100,000サイクルの負荷後、亀裂や破断がないことです。

車輪ドラムテスト

この動画は、密封型ドラムによる典型的な車輪試験です。完組みの車輪が旋回部アセンブリに取り付けられます。ドラム上に車輪が安定して載り、アームが地面と車輪の動きと平行になるように調整されています。

シートポスト- サドル疲労試験

疲労破壊は歪力の繰り返しサイクル後に発生する障害です。単一方向の歪力で発生する障害のために必要とされるであろうものよりも小さい各種歪力で行います。疲労試験は、軽量構造物の品質保証のための開発や新製品の最適化のために不可欠です。

ハンドルバー・ステム 疲労試験

ハンドルバー廻りの自転車部品の不具合は、ステアリングやブレーキ制御機能の喪失、ライダーの支持機能の喪失となり重傷事故を引き起こします。完成車メーカーは異なるサプライヤーからの部品を組合わせるため、そのアセンブリとしての品質は、様々な構成要素と組立構造に依存することとなります。

クランク疲労試験

車輪に加え、クランク部は自転車の駆動で重要な役割を果たします。脚力を駆動力に変換する役割を果たしています。ACTのクランク試験は事故を引き起こす潜在的な欠陥がないことを確認するために剛性と一緒に耐荷重力を測定します。品質の高いクランクは円滑で、ぺダリング効率を高めます[...]