Project Description

この動画では、フレームの前後方向に負荷を掛け、その疲労度を確認しています。レース用自転車の規格適合は、100,000サイクルの負荷後、亀裂や破断がないことです。