実地試験例の紹介(動画):

ペダリング負荷によるフレーム疲労

この動画はぺダリング負荷によるフレームの疲労試験です。1100ニュートンの力でぺダルを100,000回漕ぐ試験でISO4210の適合性を検証します。

フレーム落下および錘落下試験

シティ及びトレッキングタイプ自転車フレームの落下衝撃試験です。参照規格はISO4210のフレームとフォークアセンブリの耐落下衝撃性を検証します。22.5キロの錘を180ミリメートルの高さからモノレール落下塔にて衝撃を加え、影響を検証します。

フォークの曲がり疲労試験

620ニュートン上向き及び下向きの力は、車輪の面にアルミニウムレース自転車フォークに適用されます。フォークステアリングチューブは、それが実際の自転車のフレームに装着されるように固定保持されています。100,000回実行した後、フォークは、割れや破砕のいずれかの破損を示してはなりません

平面鉄床衝撃試験

このビデオでは、自転車用ヘルメットを平面鉄床上に落下させたときの影響を分析しています。加速度計は、ピーク加速度(重力加速度)を測定するように配置しています。

CPSCフェイスアップ位置安定性ロールオフテスト

この動画は、CPSC 1203で規定されたヘルメット試験の一部です。その目的は、ヘルメットの装着機能の確認です。ストラップは、ヘルメットの前縁部の上にフックされ、4キロの錘を0.6mの高さから落下させます。[...]

CPSC 顎ストラップ保持力試験

CPSC 1203で規定されるヘルメットの次の試験セクションでは、ストラップの伸び量を測定します。この例では4kgの錘をローラバーアセンブリをヘルメットの顎ストラップに取り付け、られています。この錘を落下させたときにレーザー測定装置を用いてストラップを拡張量に関するデータを収集します。

対縁石衝撃試験

この動画では、自転車用ヘルメットを1.2メートルの高さからの縁石に落下させる際の影響を測定しています。CPSC1203の規定に沿って、加速度計は、ピーク加速度(重力加速度)を測定するように配置し、ヘルメット内部の最大重力加速度力は300グラムを超えないようなっています。

半球状の鉄床衝撃試験

自転車用ヘルメットの衝撃減衰試験を行うとき、複数のタイプの鉄床タイプを採用します。この例では、半球状の衝撃鉄床へ1.2メートルの高さからヘルメットを落下されます。平面鉄床を使用する場合は2メートルの高さからヘルメットを落下する試験を行います。

ICP(誘導結合プラズマ)機器による重金属試験

ACTの試験所では、対象製品の広い範囲の化学的組成をテストするためにICP機器を使用しています。ICP機器は、試料を酸溶液に変換したのちプラズマ化させることにより元試料中に存在する様々な元素を識別し、測定することができます。

ヘルメット試験

ACTでは、多岐にわたるオートバイ/スポーツヘルメット試験を実施することができます。この動画は、ヘルメット貫通試験の様子です。3kgの先の尖った鋼楔を、3メートルの高さから落下させます。この鋼楔は、FMVSS218の規定に合致するもので、落下後、ヘルメット内部の緩衝材に接触しないことを確認します。

フレームの水平疲労試験

この動画では、フレームの前後方向に負荷を掛け、その疲労度を確認しています。レース用自転車の規格適合は、100,000サイクルの負荷後、亀裂や破断がないことです。

車輪ドラムテスト

この動画は、密封型ドラムによる典型的な車輪試験です。完組みの車輪が旋回部アセンブリに取り付けられます。ドラム上に車輪が安定して載り、アームが地面と車輪の動きと平行になるように調整されています。

シートポスト- サドル疲労試験

疲労破壊は歪力の繰り返しサイクル後に発生する障害です。単一方向の歪力で発生する障害のために必要とされるであろうものよりも小さい各種歪力で行います。疲労試験は、軽量構造物の品質保証のための開発や新製品の最適化のために不可欠です。

ハンドルバー・ステム 疲労試験

ハンドルバー廻りの自転車部品の不具合は、ステアリングやブレーキ制御機能の喪失、ライダーの支持機能の喪失となり重傷事故を引き起こします。完成車メーカーは異なるサプライヤーからの部品を組合わせるため、そのアセンブリとしての品質は、様々な構成要素と組立構造に依存することとなります。

クランク疲労試験

車輪に加え、クランク部は自転車の駆動で重要な役割を果たします。脚力を駆動力に変換する役割を果たしています。ACTのクランク試験は事故を引き起こす潜在的な欠陥がないことを確認するために剛性と一緒に耐荷重力を測定します。品質の高いクランクは円滑で、ぺダリング効率を高めます[...]